フリーペーパー道の駅に込めた想い

そこは街づくりの発信地。連日、道の駅を訪れる人々は絶えない。
人、モノ、風景。その街にしかない魅力の数々。
今、道の駅は、街の魅力をもう一度見直し、時代にあった新しい価値を提供し始めています。

「道の駅が提供する、街の新しい価値」

その魅力をより多くの人に伝えること、さらなる可能性を拡げること。
「フリーペーパー道の駅」にはいろんな想いが詰まっています。

本誌を通して道の駅、ユーザー、地域、企業がつながり、
本誌に関わるすべての人が豊かになることを願っています。

そして、フリーペーパー道の駅を通して北海道の素晴らしい四季に出会いました。
道央版では、洞爺湖のジオパーク、東川町のの羽衣の滝、苫小牧市のご当地グルメカレーラーメン
パウダースノーをたのしめるスキー場。
目に映る四季折々の景色の変化、道の駅に集まる人との繋がり、地元料理との出会い。
この活動を通してフリーペーパー道の駅の特徴は、「食」と「道の駅」を繋ぐものと感じました。

ここの道の駅でしか食べられない自慢の一品との出会い。
採れたての新鮮野菜を販売する地元の農家さんの笑顔。
道の駅を巡りながら観光を楽しむ方々。
道の駅から見える山々の景色、美しい湖の夕陽、波の音、田園風景、鳥の鳴き声。
まだまだ知られていないご当地グルメ、道の駅で出会う人、目の前に広がる素晴らしい景色。
一番は何と言っても道の駅で働いている方々の笑顔です。

道の駅に行けば地元の特徴やおススメ所を教えてくれます。
地元の人行きつけの隠れた名店!!
お土産はここ!!温泉はここ!!

魅力ある北海道の資源を道の駅から地域の方々と共に人との繋がりを育み、点と点を結び地域を元気にするという想いで活動しています。このフリーペーパー道の駅を通して北海道にお住いの方々、本州より北海道へ訪ずれる方々がもっと北海道が好きになるきっかけになればと思います。

これからフリーペーパー道の駅・北海道をどうぞ宜しくお願いします。

 

メディア事業部/矢沢 直樹